Do you love me? なんてね。
Colto
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
躯と骸
2010年 10月 31日 (日) 21:24 | 編集
まじハチさん好きだ。
うん。
オフィシャルオレンジ欲しいけどボーマスとかいけへんわ。
う…ぐぅ…orz

小説が書きたいなぁ
と。


遠くのほうで、
少女が笑いました。

電話の中から、
少年の泣き声がしました。

後ろのほうから、
老婆のうめき声がしました。

扉の中から、
老翁の罵声が聞こえてきました。

目の前には
5つの窓があります。
覗いてみましょうか。

一つは、
廃墟の中を、一人少女が楽しそうに走っています。

二つは、
舞台の上を、一人少年が無表情で立ち尽くしています。

三つは、
暗く狭い部屋で、一人老婆が電話線を首に絡めています。

四つは、
砂漠の中を、一人老翁が泣きながら大声を出しています。

五つは、
そこはいつもと変わらない、汚い部屋なのでしょうか。
それとも、奈落の底でしょうか。
それとも、真っ白な無なのでしょうか。

たちまち窓は白い扉に変わります。

中から白い服を纏った紳士が出てきました。
すっと手を差し出します。
そしてよく通る声でいいました。

貴方の物語は、もうちょっと、この扉の先です、と。

私は紳士に手を引かれ、
私はワンダーランドへと誘われるのでした。


………
……








ハチさんのCDが欲しいです。

おわり


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Colto all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。